トレーニングの初心者が陥りがちな失敗とその対策

休みもトレーニングのうち

鍛えるなら大きな筋肉から

トレーニングメニューをこなす時に身体の各部位をバラバラに鍛えるのでは無く大きな筋肉から鍛えましょう。
そうすることで、代謝が上がり脂肪が燃焼しやすくなります。
また、毎日同じメニューを行うのでは無く1日おきに部位を変えて行うことが重要です。
それは、違う部位を鍛えることで刺激になり代謝が上がります。
そして、トレーニングのマンネリ化も防ぐことができます。
また、スローリフト法というものがありますが、その方法とは、動作をゆっくりすることです。
そうすることで、筋肉に多くの刺激になり筋肉が大きくなります。
またサプリメントなどを摂取し、不足している筋肉に必要な栄養素を取ることができます。
他にもいくつかありますので、皆様に合ったトレーニング法を見つけて下さい。

超回復とは

トレーニングの中で超回復という言葉があります。
賛否両論ありますが、これはトレーニングのあとに24~48間後に筋肉を休ませることで、筋肉が効率よく付きます。
超回復が起きると一度トレーニングで破壊された筋肉が修復され、トレーニング前よりも筋肉が増大します。
毎日、休まずにトレーニングを行ってしまうと超回復ができず、破壊だけを繰り返してしまい筋肉が細くなりやすくなってしまいます。
ただし、休みすぎてしまうと筋肉が元に戻ってしまうので長時間の休息は禁物です。
ただトレーニングを行うだけではなく、食生活や生活リズムを正すことも重要です。
トレーニングだけでは限界がありますので、様々なことに気を配って行きましょう。


この記事をシェアする